VNWもどき久人19歳 
奄美旅行記:晩飯余談編(9/28) / かんたん(9/25) / 奄美旅行記:晩飯編(9/23)
奄美旅行記:道中編(9/19) / 奄美旅行記:ホテル編(9/16) / 奄美旅行記:到着!編(9/13)
玖都の日2015(9/10) / コミティア113の話(9/7) / 覚えしかない(9/4) / 次期の準備を(9/3)


平成27年9月28日
奄美旅行記:晩飯余談編

想定外の再会。


平成27年9月25日
かんたん

今後を円滑にするために生贄を捧げる!!

非常食:メインに「レスキューフーズ:牛丼」を追加しました。


平成27年9月23日
奄美旅行記:晩飯編

猫がたむろってる店は美味いという印象があったので勇気をだして小料理屋に入ろうとしたものの。
満席じゃしょうがないので別の店を探すも適当なところは無く、内輪で盛り上がってるところも多くて入りづらいのもあり適当に居酒屋へ。


突き出し。
これ美味かったんだけどなんだったのかわからないまま終わっちまってまた食いたい。
イカの塩麹かなんかだろうか。


京阪乗る人おけいはん。
の印象しかないぞ!鶏飯と書いてけいはん、だっけか。
是非食べるべしと言われてたので注文は即決だった。


こちらがその鶏飯。
出汁がしっかりとしていて、思ったより鶏肉が少ないのが肩透かしではあったものの超うまかった。
フリーズドライもあったから買って帰ったが、あれは別物だなぁ……。
現地で食べるのが一番な飯だった。
かすかに感じる柑橘の味とか、五臓六腑に染み渡る癒しの現地飯。こういうのいいよなー。
これのためにもっかい奄美いきてぇもん。


刺身は一番食いたかったもんが無い状態での奉仕。
美味いけど悲しい。
やっぱリベンジ必須だな。


前回の鹿児島ぶりだからいつ以来だ?
本日のデザート、ブラックモンブラン!
ガツンとくる甘さともったり感は安定だし、相変わらずくじの意味わかんねーし。
似たような商品はあるけどこれは唯一って感じなんだよなぁ。
現地の商品は現地で食うからこそ情緒あるもんだし、全国区になると違うんだが、もうちょっと気楽に食いたくもあり悩ましいところだ。


平成27年9月19日
奄美旅行記:道中編

海綺麗すぎて飛び込みたいのに飛び込めないことが悲しいったらない。


バス乗りながら二度見した。
降りたかったが場所柄帰れるかどうか賭けみたいなことになっちまうので泣く泣く諦めた。
こういう場所ほど現地の友人の重要性を感じるな。


カートさえなきゃ登ってた。


ローカルなパン製造会社が多い気がしてつい、買ってみたが甘いのばっかりなんだが他何かねぇのか。




開いてなかったんだが曜日の問題だったのかどうか、超気になるし南国フルーツの店頭販売とか超食いたいんだが開きませんか!?


平成27年9月16日
奄美旅行記:ホテル編
今回も概観写真撮り忘れました!奄美ポートタワーホテルに宿泊!!
忘れたっていうか、一応あるんだぜ?


夜のは。

低い建物の中にあるんで目立ったな。
ただ空港バスの終点からは距離があるので他のバスに乗り継ぎするか荷物抱えて歩くかになる。
そんなことないだろうと思ったが、車がビュンビュン通る横を行くから体感距離が結構あったな。
最近のホテルを決める基準はタオル・寝間着がついているかどうかなんだが、ここは全部ついてて素泊まり3800円。
市街地圏内でこれは安いほうなんじゃないかな。晩飯が遠いという難点はありはするが、そのくらい。




設備は色々と揃っている。ただし回線は有線LAN。
1Fはwifi飛ばしてます、すげぇ居座った。
この通りカーテンがブラインド&布とガッツリあるので油断すると寝坊するので注意だ!
俺はした、時間勿体無ぇ……。




風呂トイレは普通、ちょいと狭いが。
下水があがってるのか空調がアウトなのか俺の手段が間違ったのかはわからないが常に換気してないとだめな臭いがしてたんだよなぁ。
濃厚な可能性は俺原因なわけだが。


男風呂はこの奥突き当たり。
宴会場のフロアだったと思うんだが、ちょっと入りづらいよな。




旅行者の強い味方、コインランドリーも勿論完備!
完備っていうか、近隣に他のホテルがないどころか店自体存在が軽く危ぶまれるあたりなので無いと詰む。


大浴場の目の前にある自販機(だったはず)。
種類は豊富なので便利だが、便利ってだけなら真横にドラッグストアがあるのでそっちでもいいなぁと思う。


船も見れるという点で俺はよかったと思うホテルだった。
ただやっぱ立地面から目的に合わせると選択肢には入れないべきとも言えるな。朝から晩までぶっ通しで遊ぶなら市街地内のホテルが断然いい。
車レンタルしてるなら有りだが送迎プランだと面倒かもしれない、といったところか。
内容自体は普通なので比較はしないでいいかなといったところだった。


平成27年9月13日
奄美旅行記:到着!編

飛行機については既にレポったので省略。


到着時は雨、天気はずっとよろしくなかったな。




到着したら地域色にお出迎えされるのはどこも一緒、鹿児島は焼酎どころだけあって瓶もずらり。


2階はあまり使わなかったなぁ。
吹き抜けだからスペース自体がないというのも理由のひとつだ。


ここはちょっと古め。

土産屋は2箇所、複数店舗入ってるのでうっかり混ぜないように気をつけたい。




外に出てみると鹿児島空港と同じく南国感が溢れ出す。
バス乗り場は扉の目の前、飛行機が到着するのにあわせて発車予定を組んでいるのでフリープランの人は乗り逃さないように気をつけて。
2時間こない時もあれば30分くらいで次のがくる時もあるぞ。






ここから先は帰りの日に見たものだが纏めて上げておこう。
展望というか見送りホール、思ったよりおしゃれに作られてて驚きだ。




子供向け遊具はこのくらいだったかな。
置いてある場所は古い雰囲気なんだが、塗装がきちっとしてあるのが大事にされてるのが見えて嬉しくなるな。

写真を撮る人よりも手を振る人のほうが多いというのが、温かみを感じてこういう空港もやっぱいいなと感じるところだった。
神戸みたいにカップル推ししないしな!ファミリー推しだからな!!いいな!!!


平成27年9月10日
玖都の日2015

服、背景詳細は写真ページへ。
久しく伏見稲荷いってねぇ。いかねぇと。

そろそろっていうかもう数年ほどな。


平成27年9月7日
コミティア113の話
てなわけで、だ。
今年何回目かわからんイベント遠征が終わりました。
夏の高頻度っぷりなんとかして分散できないものか、やっぱ春秋だけのほうがいいのだろうか。
来年はもうちょっと減らしていく。

コミケ前の太陽が厳しく、季節の移り変わりのタイミングもずれて台風も登場し、どうなるかと思われた当日。
夏とは思えないほどに涼しく、雨も降るような降らないような快適な中でイベントは開始。
どうせ大イベントの間の開催だしそんなに人こないだろと思ってたけど、見本誌コーナーがすごい人で予想外だったな。
座りながら見えるのは初めてなんだが、ぎゅうぎゅう詰めからちょっと空いてまたぎゅうぎゅう。
あの中で欲しい本、めぼしいアイテムを見つけるのって大変そうだった。

来訪はというと他の時に知り合った方や飛行機趣味の方やらいつもの人やら。普段以上の収穫といえたくらい。
最初の印象がどっと変わったな、募集数が少ないから小規模ってことはないんだというのを思い知った。
実際動員多いほうが盛り上がるかって言われるとそうでもないしな、ライブとか。
自分の周りにきてくれる人の濃さは代わらないし体感濃度ってそういうもんか。


さて、当日に確保した本を1冊だけ紹介しておこう。
懇意にさせていただいている会社の社長さんが実録を出した。


そう、毎度お世話になっておりますねぎ秘密結社のねぎ社長さんの「糖尿をこじらせたらこうなります」だ。
5月くらいに出してみたいって言ってた覚えがある。えっ、3ヶ月でやったのこの人。あれっ、もっと前だっけ!?
あれからまだ1年経ってねぇの!?って思うくらい双方バタバタして、慌しいだろうしよく間に合ったなとすら思っている本である。
元々ねぎさんって描くの早いけど、ここまでとは。

本の内容はタイトル通り、若い頃からの糖尿病を楽観視してたら時間経過後にやばいことになるぞという自伝&報告かつ警告漫画。
絵を描く人間が目をやられるという恐怖、しかも事故ではない「今からなってしまうかもしれない」という不安。
治療の恐ろしさや、今すぐ治せないという焦燥感。
そして何より、楽しみな今が潰される悲しみ。
近くで見ていたつもりだけど、全然理解できてなかったことを実感する作品だった。俺の思ってた何十倍も、御本人は苦しんでいたんだな。……と。
周りからすればたった半年、本人からすると長すぎる半年。もうちょっと力になれてたのかなーと考えてしまう。
闘病の末、様々な制限も解除されて動きやすくなって、だからこそ本も作れたわけだが実際はあわやってところで回避しきれての今なんだよな。

言葉の纏め方がきちんとしていて舞台を飾ったりするのが得意なだけあって、話の切り方や盛り上げ方が上手な作品です。
かつ、オマケ漫画も追加されているということでT先生がんばれ……。


一連の流れを受けて(アレルギー調べた時についでに)俺もHbA1c調べたんだが普通だったんで、「他の人の話を聞いて安易に糖制限とかするのもやばい」というのも学んだな。
今は若くから内臓や血液の問題を抱える人も少なくないのに健康診断じゃ35歳だか40歳から検査とかなんかそれまで自費で頑張れみたいなのもおかしな話だなと思う。
若い時なんてそれこそ昇給もしてないから切り詰めて、栄養バランスも崩してって病院もいけないのに。必須とされてる検査で出せないなら警戒もなんもできねーじゃん。
仕事によっては健康診断が義務化されてて丸1日も時間とってくんなら纏めてこの辺も出してくれていいのになー。
土日や夜間やってる病院が多い地域ならまだしも、普通はやってないもんだし。35歳時点で大分やばいことになってたって聞くと若いから大丈夫って時代に作られた診断の内容に少し疑問が生じてしまう。
俺なんてねぎさんの話を聞いて初めてどれを調べてどれを見ればいいのか知ったくらいだし、リスクに対しての内容の周知が薄い気がするな。
そうそうここまではならねぇっつっても元々の体質やら栄養ドリンクやら野菜ジュースやら、思わぬところに落とし穴があるので甘いものあんまり摂ってないから大丈夫ってことはないんで検査できるようならまず検査、だな。
確か3割負担で2回受診いって5000円はかかってないはずなんで、年に1000円貯めて検査にまわす意識で今後も動いていきたいところだ。


COMITIAは次回、11/15に参加の予定でいる。
時期が絶妙に微妙なタイミングで新しいもんは何もないかもしれない。
コミケは申し込んでないんだが、居るかどうかも怪しいところだな。


平成27年9月5日
覚えしかない

正夢にならないように頑張るよ。


平成27年9月3日
次期の準備を

寧ろその三ヶ月に何を着るんだ?
俺はあわせねーからな?