VNWもどき久人19歳 
かぼねっこ(10/31) / かるたん2015(10/30) / 沖縄旅行記:LCCターミナル編(10/27)
沖縄旅行記:出発編(10/24) / 獄中獄監至獄当然(10/21) / そうかえん2015(10/18)
奄美旅行記:帰路編(10/16) / 奄美旅行記:暇つぶし編(10/13) / 奄美旅行記:帰還日編(10/12)
奄美旅行記:2日目晩飯編(10/9) / 奄美旅行記:マングローブパーク編(10/7)
ぼくたちのASS(10/3) / 今週末についての御案内(10/1)


平成27年10月31日
かぼねっこ



皆大好き毎年恒例のハロウィンだぞー!!!

英語じゃなくてもハロウィンと読める不思議言語日本。
どの写真もロゴについてだけはノリと行き当たりばったりで作ってるから事務所の人にたまに哀れまれる。
センスがないわけじゃ……いやうん、ないんだが。

なんか最近1年の終わりにしか写真上げてない気がするな。
少なくとも秋冬ばっかりじゃね?
夏ってなんかあったかな、水着以外で。


平成27年10月30日
かるたん2015

悪戯するために来て1日間違えた結果か……。


平成27年10月27日
沖縄旅行記:LCCターミナル編

飛行機に二種免許とかそういう制度ってあるんすかね。


天井から溢れ出すLCC感……。


バニラとピーチのカウンター。
ここではこの2社のみの受付となる。


土産屋はあるが、それくらい。
しかしこじんまりとしているようで雰囲気もきちんとあって、こういうこだわりは俺は好きだな。


己の足での脱出、負荷!
距離的には関空の両ターミナル間より近いんだがな。


後で撮ったものだが、こういう場所に通される。
これがバス限定の理由だ。
本来認証された人しか入れない区域だが、完全に隔離された場所と一般区域だけを通ることになるので特別許可が出ている。といった様子。
LCCターミナルにはANA系しかいないのも、ANAが持ってる建物だからそりゃそうかってところだな。


平成27年10月24日
沖縄旅行記:出発編

早め行動も行き過ぎると単に暇。
ということで沖縄旅行記開始!
空港画像はあんまあると話が逸れる以上に写真多すぎでブログupが面倒になるんで、地元くらいはしない方向で。


朝頑張りすぎて寝てた。
珍しく隣が空席だったり、周囲もほぼ全員寝てたり、沖縄経由で別のとこいく外人さんは躊躇い無く座席倒したり。
沖縄は他の国内よりも次の目標地点への経由地にしている人が多いようだったな。


ちょっと早いが宿レポはこちら


平成27年10月21日
獄中獄監至獄当然



ということで行ってきたぜ生体獄!!


そりゃなー俺も冒険者だし、1回いってみてもいいかもなー。
で、亀裂の中に案内してくれるのか?


自分で誘っておきながらコイツ……。
いなくなる人間の顔なんて1秒たりとも覚える気はないって、わかりやすい奴だな!
まぁいい、中の話を聞こうか。


貧困街の中ってそこまで広くなくね?
ていうかお前の世界狭いな?


これ後日知人さんが悪い大人に捕まって未来に希望を託してフェードアウトするやつだな?
リヒタルゼンは遠慮も躊躇いもなしにやってくれるからな、わかるぞ。


ほら、見たことも無い病原菌に蝕まれて……グッバイ見たことも無い旅人よ。


確かに行った先では事件が起きている、アンタはそこに案内しただけかもしれない。
でも“ここに”戻ってこないというだけで中で死んだと確信している。来ていないだけかもしれないのに。
その人たちがどうなったか、なんでアンタが知ってるんだ?
つまり、犯人はアンタだよオノトヒロさん!!


言い逃れする気かっていうかお前それ貧困街の人らに襲撃されるフラグだからな?




何言ってんだよ!「シティはひとつ、皆友達」だろ!!忘れてるのか?これだからコモンズは!!


まったくこの金の亡者め!リヒタルゼンだしな!!そりゃそうだ!
そもそも俺はへっちゃらピンピンで戻ってくるつもりなんて


欠片も


ないん


だよ!!!

ふぅ、やりきったぜ。
素ダメはそこまで超高い様子はないが、相変わらず生体は一体ずつ潰す狩りなのかな。
他のフロアも変更が入ったようだが、絶妙に狩りづらくなった頃からどのくらいの差ができたんだろうか。
リムーバの縦FW狩り、久々にやりたいな。


平成27年10月18日
そうかえん2015
出かけ日記を消化していく。もう何残ってるんだかわかんねぇ。

去る8月23日、人生2度目の総火演だ。前回との差もいくらかあったので内容以外の点を充実させていくぞ!
しかし、倍率29とか年々増えてるな。1人が出すハガキ枚数ってもんもあるし、来年は30軽く超えるんだろうか。


何本も観光バスが行く中、浮いている1台。
コミケじゃねえんだから!!

道中、狩猟ポーズのカカシを見なかった気がするんだが……あいつはどこにいったんだ。




到着するとバスは昔の降車場と違って駐車場へと進む。
橋の前で降りてた頃とはかなり場所が違うんだが今年からなのか今回だけなのかは不明。14年までは橋前下車あったっぽい記述を見た。
っつーかそもそも橋がないんだが。全てのバスの降り場が奥の駐車場に統一されたようだ。
ひょっとしたら来年から従来通りになってるかもしれないし
山道という程ではないが整備もしきっている場所ではない。……というか普段使ってるとしたら整備できないよな。
そんな自然の中を5分10分行って会場へ。
足の悪い人とかは別の道使わせてもらえるだろうし無理はせず。


到着!天候はこの通り!
これでも雨がほんの少しパラついたかと思いきや晴れ間もあって、バランスがいいような悪いようなだったな。
山の天気は変わりやすいということもある上、砲撃の煙が雨雲をくすぐったりするのでよくもったもんだとも思う。
風もそれなりに吹いていたので煙も散りすぎず纏まりすぎず、太陽が出てたら出てたで日差しがきつい分スレスレ丁度「いい天気」だったのかもな。
天候については完全に運なんだが、雨に見舞われた時の着席の作法ってどこかにあったりするんだろうか。濡れた地面に座る良い方法を知ってるかどうかは重要な差になりそうだ。

さてこのルート、目の前に階段があって左手に坂道、どちらからも上がれるが先に言っておくと帰りは坂道選んだ方がいい。御殿場行きバス列が右側ならだが。
このゲートの裏面が行き先一覧になってるので、入ったときについでに見ておくといいかもしれないな。
俺はまんまと階段から降りて30分は無駄にしたぞ!横断はできないものと思え!!


あの人の波の中で目の前にある物以外を購入できる気がしない。
前回買った栄養ドリンクは今回も買いました、松吉が。
気に入ってんのかよ。


迷彩ブルーシートの上に座ってるが座布団は必要だな。
じわじわとケツが痛くなってくる。
ちなみに本来こんなに広いことはなく、前の人が第一部で帰ったのでこの広さである、つまり足なんて欠片も伸ばせない。
運動場で体育座りしてるよりきつかったのは慣れがなくなったからなのだろうか。

現地では相変わらず(かな?)ネット配信してるという告知もするのでLTE&タブレットで同時見は可能、という話なんだが記憶の限りで確か基地車きてた
見たのは上手(E席)の方だったので、下手(A席)にいないのだとしたら電波欲しけりゃそちらへ。
……だが、上手って後方席になればなるほど臨場感を味わうのに向かないというか、モニターに視界遮られたり砲撃場遠かったりで微妙そうなんだよなぁ。
個人的には、好き好んで行く場所ではないかな。
ガチな方々としてはどうかは知らないが。
会場入りする時に下手側は見れるはずなのでそっちに基地車がきてるかどうかだけ見ておくのもいいかもしれない。










今回は写真は少なめ。
撮るのにやっきになってると画面越しやファインダーを通してでしか見れなくて視界が狭まるからな。


確かにF-2が飛ぶ様とか歓声あげてしまうがそれにしても賑やか過ぎる隣。
後ろのことを思うとあまり中立ちになるもんじゃねーぞ。
平面に身長差考慮なしだからどうしても見づらいもんだが。

10式さんは色々と大変だったが、見てる側としてはおいしかった。
とやかく言われる側はおいしいとか言ってられないんだろうが、成功しかしないのなら演習の必要性はないわけだし、問題が起きた時にも対応できるのを見せれたということは良いことだとも思うんだよな。
威力を見せるだけのものではないわけだし、安心も不安も共に提示できるのならばそれもひとつの良い結果だろう。
それに、本当に見せたい功績ほどこういう時には見せれないわけだしな。
ミスるんなら、練習でだけが一番だよ。




そして今回突然やってきてくれたのがオスプレイさんだ。
まさか見れるとは思ってなかったので驚きの遭遇ではあったな。
しかも全部終わって撤収中に現れたもんだから、あと1分遅ければ会えなかった。
……ってことは配信視聴だとこれ見れてないんだろうか。



帰りのバスについては行き先が複数あるんだが、御殿場以外のルートはどうやら駐車場券の方々らしい。
その割りにこんなにいんの?という考えもまぁ、なくはない。
御殿場アウトレットに発着があれば直通バスで色々と便利そう、と思ってるんだが中々に距離があるようで線路の向こうということもあり難しそうだな。汗だくイベントだし御迷惑にもなるか。
裾野からバス乗り継ぎで行けるが、結局そこまで行くのならって話になるしな。
こういう点を見るとバスは行きだけ買って帰り同じくらいかそれ以上の時間がかかるなら己の足でという考えもなくはない。

行けば行くほど移動手段持ってる人が強いイベントだなと毎度思い知る。
御殿場からがまた大変だしなぁ……。
でも駐車券は倍率半端ないことになってるし、あの辺はほんと、選ばれし者なんだろう。
当選したらしたで駐車場使える宿取るのがまた時間との戦いになってそうなんだよなぁ。
御殿場駅まで車できて裏手の時間貸しに停めてるって人もいたし(だが場所に対して同じようなことする人の数が多すぎるらしい)、どっかに退避手段があるのは参加する上で動き方が大きく変わりそうだな。

車で来ることは到底ない俺からの言葉としては御殿場、ICカード共有してないから切符買わなきゃいけないということだけ覚えて電車組は動くといいんじゃないかな。
カードチャージしてから行ったらこのざまだよ。おのれローカル線……!!覚えてるわけないだろそんなこと!!


平成27年10月16日
奄美旅行記:帰路編
上空は風が強めで雲が厚く、荒天ではないものの快晴の飛行とはならなかった。
湿った空気が熱気を帯びて纏わりつく。アスファルトからのぼってくる湯気に足を躍らせることがないだけマシなのだろうか。


手荷物検査の人の数やばかった。小さい空港で一箇所だけに160人並ぶんじゃなぁ……。他のも飛ぶし。


きたぞー。




日が傾く時刻だし、暗くて当然ではあるんだが中々暗い。
機材変更で飛びはしたが、これで飛ばなかったら明日の仕事だけじゃなく成田からの帰りの心配もしなきゃならなかったので台数間に合って本当によかった。




ぼばばばばばばばばば。

成田についてみたらジェットスターが787置いてあって、本国のだろうがすげーな。
中身がどのくらい他と違うのかはわからないが、これでならオーストラリアにLCCで行くのもちょっと有りかなと思った。


てなわけで無事帰宅、奄美旅行記もこれにて終了。
長くにわたるお付き合いありがとうございました!
次は沖縄が多分近々あるはずなので、そちらもよろしくお願いします。


平成27年10月13日
奄美旅行記:暇つぶし編



行きの時から来たかった。




やばい(雨雲が)。




なんかパラダイスっぽいところがあるなぁ、なんて眺めながら。






ケンムンの里へ。
いまいちここがどういうところなのかわからないんだが、保養所みたいなところなのか?


途中バスに乗り込んだあたりで雨に見舞われながら空港へ退避。
実際はバスくる20分くらい前から地味に降られてたわけだが。さすがにうろつきすぎた。


知ってたけどー!知ってたけどさー!!!


どうしようもないので飯。ジョイフ……ジョナサ……どっちだっけか。
こういうファミレスあんま行かないから覚えられない。ジョイフルか。


窓際で飛行機を眺めつつ。絶好のビューポイントかと思ったらwifiが繋がらなくて暇つぶしにはちょっと厳しい場所だったのを御報告して今日はここまで!


平成27年10月12日
奄美旅行記:帰還日編

バスがすぐに来てしまったので確認できなかったんだがメアドに届いてた。
いつでも受信できるアドレスで予約をしないとこうなるぞ!


朝飯はこちらにて。
朝開いてて鶏飯やってる店少なくね……?

余裕を持って動いて途中下車の旅!
といってもあまり降りれはしないんだが、まずはこちらの






狂気を感じる大型スーパー、ビッグU。
これチェーン店なん……?


店を出てバスを待ってるとやってくる雨雲。予定はこれだけじゃないというのに大丈夫か!?と不安になったがどことなくなんとなく回避しつつバスに乗り込むのだった。


平成27年10月9日
奄美旅行記:2日目晩飯編

俺しかいない件。




窓からは奄美市街地がこんな様子。
残念なのは机の位置や方向があまり夜景向けではないところだろうか。
室内明るくて別の方向とか見えないし。
折角いいところにあるのになぁ。勿体無い。


鹿児島豚のトンカツ。素材をおいしくいただきます!



ホテルの背後すぐのところには港があり、沖縄〜鹿児島のフェリーはここに停まる。




乗り合い所ってどこもだけど、あんまり遊ぶものってのはないから長時間滞在する場所ではないかなー。

市街地から離れた街並みを見る。
あっちからバスに乗ってきたんだなというのが、湾を隔てただけなのに全然別の場所のよう。
トンネルを抜けると知らない世界という表現があるが、壁を隔てなくったって非現実さはやってくるのだと思い知る。
朝日が昇れば、きっとまた見知った現実になるのだろう。
黄昏時で変わるのは生き物だけではなかったのだ。


平成27年10月7日
奄美旅行記:マングローブパーク編

1時間くらいうろついた!
路線図が読めないと言うより、市街地だけ別枠で作られた上に進行方向表示不明な同名停留所が奇数箇所あってどれの前に立つのが正解かさっぱりわからなかった。
バス停そのものの時刻表にも観光地ではあるけど主要停留所じゃないらしく書いてなくて、途中で終わるバスや分岐するルートもあると軽率に乗れないよな……。
慣れてないってのは確かにあるけどさすがに思ってた以上にわかりづらかった。
旅としてはいいことだけど、送迎付プランマジオススメ。


明日空港までも乗るので2日乗車券を購入。
3日券を最初に買っていればもっと自由に動けたんだよなぁ。
空港送迎なしフリープランの時点で買っちゃってもいいのかもな。


池だか海だかを横目に1時間だったか2時間だったか走って走って。
途中でちょっと不安になりながら路線図見直して停留所名確認してを繰り返し。


到着ー!!
行きは入ったところまできてくれるが、帰りの停留所はちょっと坂を登ったところにあります。
そもそもバス使ってここに来る奴いないらしいぜ!






チケットを購入したら庭園内を突っ切ってもいいということで縦断。


展望もあるんだが結構登った。
その分眺めはよかったので時間に余裕があるなら行ってみるのもいいかもな。




丁度俺らの出発タイミングで雲が散った。
ありがたいけど眩しいな!


自然で強く生きるんだよラスカル。


陸地の生き物も観察できるが案内パンフを取り出す余裕なんてないので何がなんだかさっぱりだぜ!
気をつけないと踏んでしまうくらい表に出てきて危ないったら。


カヌーは一人用と二人用があって、思ったより楽に扱えるものだ。
足が動かせない分やきもきはするけど、その分頭を使うぞ。
行きたい方向に動くだけでなく、周囲にぶつけないように移動するのは難しくて大変だけど楽しい。
いい経験になった。


どっちかというと生き物より植物派なのでこういうのを見るほうがわくわくするな。
基本的には原生林に住む生物の観察がメインっぽかったので植物向けも欲しかった。
わからないからこそ楽しめるところもあるから、そこはそれでもいいんだけどさ。
種類も少ないから時間は割けないよなー。
そういえば、春先だから桜見れるかなと思ってたんだがとっくに散って既に実だったんだぜ?季節って読めないよな。


プログラム終了、お世話になりましたー!!


あんだけ迷ってこのオチ。
ホテルのフロントは有効活用しような!!


平成27年10月3日
ぼくたちのASS
ぼくたちのASS -牧原姉弟は親父がお嫌い-を公開しました。

明日はSDF沖縄ですが現地に恐らく居ると思われるのでよろしくおねがいします。


平成27年10月1日
今週末についての御案内
今週は土曜にらぐへす&RJCだな。
だが俺は事前告知通り関東にはいってません。
日曜に開催されるSDF沖縄にROにて参戦するぞー!!
ということでそういう話。予定無茶すぎんだよSDF。

    

当日持って行くのは新作なしでside:ROの1〜3、2だけ異様に残ってるので割引して置いておく。
全巻セットなら100円引きの400円、2は150円から100円にって感じで予定中。
沖縄っていう場所柄、陸地繋がってない分どのくらい人がくるのかわかんねーしROプレイヤーどのくらいいるのかもわかんねーんだけど元々行きたい予定もあったのでついででの参加だ。
海に入れたらいいなと思って遊ぶ時間をとったんだが、基本は全くのノープラン。
とりあえずDFSでショコラティエ充ってくらいか。
予定としては月末かそのくらいからレポれたらなーって思ってるんだがレポるほどのことをするのかどうかだな。
イベントも含めて適当に頑張ってきます、下手したら空港レポになるかもしれねーけどオタク方向的には当然っちゃ当然なので許してほしい。沖縄空港超楽しみ。

で、もののついでで少し前からの話、とらのあなにて通販を開始してます。
開始してるっつーか、7月とかから取り扱ってもらってるけど言うほどじゃないだけで。
ちょっと前に追加でsideSも入ったから話しとこうかなーと。
扱ってもらってるのは古めの3作品。というかそれ以外送れるほどの在庫がない。
sideTなんかはほぼここの在庫しかない感じだな。ありがたい話だ。……複雑なところもあるが。
だらだらと契約切れるまで置いておくつもりではあるので動かない様を眺めてやるといい。

以上、同人告知でした。
あんま告知ばっかしてると方向性見失うから、必要最低限は今日で流し終えたし暫く大人しくしていきたいところだ。
せめてついででできるように頑張ります。
するなら本業の告知してぇよ。番宣してぇよ。ある意味これも番宣だけどなんか違ぇんだよ。
真っ当な仕事が欲しい。女装が欠片も関わらない、真っ当な仕事が。