VNWもどき久人19歳 
ミドルフェイズ-2(8/29) / ミドルフェイズ-1(8/28) / メインではない更新報告(8/27)
そうかえんLIVE(8/26) / オープニングフェイズ(8/24) / そして新しい話へ。(8/23)
更新報告ではない(8/21) / 夏の祭りへ(8/18) / 食ってみた(8/17) / 乗ってきた(8/16)
泊まってきた(8/14) / 倍率10↑(8/10) / 飛行兵と俺(8/5)


平成25年8月29日
ミドルフェイズ-2

TRPGに3-4追加。
なんとか8月中にミドルが終わったけどやる気完売!!頑張り週間終了!!
次はさすがに間を置く。


平成25年8月28日
ミドルフェイズ-1

TRPGに3-3追加。
ミドル終わるまではさくさくいきたいが、多分無理だろうなぁ。

最近寝る前に更新してるせいで日時感覚がずれつつあるので次回は普通に夜に更新し……そもそもタイミングが合うのかどうか。


平成25年8月27日
メインではない更新報告
ちょっと前に撮ったやつだけど写真追加。


前にナイトウィザードの制服着た時はエリスのだったから、こっちは初めてだな。
女装ばかりが増えてゆく。やばい。

これと同時に食ってみたに「台湾ラーメン」を追加。
多分今日で販売か生産が終わり。


平成25年8月26日
そうかえんLIVE
10日の日記の通り松吉んとこで総火演を見たわけだが、朝から雨ということで前日入り。
微妙に距離があるので当日入りは地味につらいし、雨きつかったので助かった。


朝からスーパーヒーロー対戦とプリキュア映画とか夏休み終盤のテレ朝は恐ろしい。
昨晩は貞子ハリウッドとかもあったわけだが、いっそ寝ずに見通してしまった方がよかったのではというくらいの番組量。
気になるけど1人で見る気はないからなぁ、貞子。
ハリウッドってだけでギャグ感満載だけど。
起きてるとなると空白の3時間の処理と、昼前に眠くならない努力が必要だが多分無理だったろうな。主に後者が。

総火演は9時半から自衛隊の案内が開始。なんていうかスカイネット的。
10時に演目開始となるんだが、9時からやってる分が見れないのが悲しいな。しょうがないことだが。
現地は雨天&濃霧で、いくつかの演目が中止。
地面もびしょ濡れで大変そうだった。
だがやはり、行ってる人を見ると俺も行きたかったと思ってしまうな!
知り合いが二人も行ってて嫉妬ゲージ上昇する。羨ましいィィ!!!
しかも夜中になってから着々とメール送ってきやがる。ああちくしょう、まとめて寄越せ。

昼過ぎたら大阪駅まで行ってパシフィックリムでも見るか!
という話をしていたが、大阪駅周辺がものすごいことになってい(るという情報を得)たのでだらだら。
普段全然降らないのに、いざ降ってみたら水没とかやりすぎではないか。
友達の家でだらだらするとか久しぶりで何をすればいいのかわからない!
とりあえずコナンを読めるところまで読んだけど会話しろ。
遊びに行って互いに無言とか、よくあるけど無くしていきたいなー。


平成25年8月24日
オープニングフェイズ

TRPGに3-2追加。

キャラシ公開までいかずとも、装備列挙くらいしとくべきか。
前回のもせめて敵のキャラクターシートは出そうと思ってたのだけども、あの数字入力を考えるとめんどくささが先に出る。
スキル、装備以外の枠手書きでいいっすかね。
数字の入力地獄から逃れられれば耐えれると思うんだ……。
ね……年内には……。

そういえばJGCで出るっていうグランクレストってのが、プライヤークラスが3種類で丁度いいなーとか、面白そうだなーとか思ってるんだが暫くは導入する余裕がなさそうでパスすることに。
ダイス振りたい。ダイス増やしたい。
JGC行ったら使う予定の無い量のダイスが増えてしまう……。そもそも行けそうにないけど。


リンクの話。
「VNIの方々」を「VNI、元VNI」にカテゴリ変更。
元VNIで今や普通のサイトになってる方も何人かいるし放置でもいいんだけど、今は違うってことを気にする方は居はするだろうからな。
今やタイトルをそうしてるだけでほぼ普通のサイトって人もいるし、気にしなくてもいいんだろうけど……。
ここ細かく分けたらややこしくなりそうなので大枠そのままで微修正させてもらった。
また、元VNIで別枠にいってる一部の方は友達枠なので移動させてるんだが、どっちがよかったのかよくわからず。
解脱した上で移動してる人らは一方通行に眺めてるんじゃなく、今やもう仲良しさんだからなぁ。
仲良しでも形式続いてりゃ移動はしないんだが。
いっそカテゴリなし羅列にすりゃいいのかもしれんけど、そうすると俺が理解を放棄して埃の積もったページになりそうなので却下した。


平成25年8月23日
そして新しい話へ。

TRPGに3-1追加。

これまではボロボロだったけど今回やっと凡ミスがほぼないはず!
レベルアップ作業なしのため3-1がすっげぇ短いので間を空けず3-2上げれるように頑張る。
元々はオープニングフェイズの途中まで入れるつもりだったんだけど、次の分の始まりが微妙になりそうだったので切ったのが原因なわけだがな。
冒頭は今回予告にしたいので次回分とページを纏める考えも特になし。

あともう1つ、過去作品を発掘したので「たぬきの日々」を追加。
大分昔なのでファイルサイズ小さくて見づらいけど圧縮ファイルしか手元になかったぜ……。2つくらい後のは大元から残ってるのになぁ。
ギルメンとのやりとりなのでRO系ではあるけど、知らなくても問題ないと思われる。
パロディ元は右手が同級生の少女になる某漫画だ。


平成25年8月21日
更新報告ではない
ひっそり変更しようと思ってたけど想像以上にガッツリやらかしたので報告&自己メモ。

ログ送り(コピペ)した際に気になったので「食ってみた」系を色々入れ替え。
ついでに去年12月の東京、今年1月の大阪をわかりやすく分割。
分割ついでにB級orB級以外に振り分け。
一部分割しちゃったし日記と被ってて食ってみたに必要ない無駄な部分はカット。
市販品も増えてきたので単体カテゴリに。
並びもちょっと気になったのでごちゃごちゃしない程度に上下入れ替えを行いました。

確かカテ分けした時に「いくらか経ったらいじると思います」とは言ったはずだが、この唐突さである。
またなんかごっちゃりしたら入れ替え変更追加をかけるし、なんか違うなと思ったらいきなり入れ替わると思います。
各ページについては大体10件ごとに次のナンバーが振られていくんじゃないかと。
基本的にナンバリングかけるタイミングはスクロールバーが短くなった時なので多少はぶれそうだ。

あとは記事数が増えたら非常食のあたりをいじるんだろうが、非常食だけに普段あんま食わんからな。随分先だろう。
どうせ後日分割されるんだから米モノ食ってないし米って文字消しておく。

見て行きやすいようにするために店名も、なるべく全部載るように検索に検索を重ね今ものすごい腹が減ってる。
店名忘れたら画像検索で調べるってのは中々……つらいぜ。
粉モンを……誰か俺に粉モンを……。


平成25年8月18日
夏の祭りへ
東京にいってきました。


本日の移動手段はバスのみ!
到着が新宿でどうやって東京駅に行くかと悩んでいたが、大人しくそのままビッグサイト行った方が楽ってことに気付いて乗り換えしつつ移動するぞー!
JR使えとかそういうのはどうせバス乗るんだからってことで無くした。
まずは新宿西口、ビッグカメラ前。
四ツ谷を通り過ぎて三宅坂へ。
名称で場所が全くわからないまま向かったんだが、皇居外周なんだな。
降車場所は国立劇場の前ということで、進行方向とは逆になる。
なのでUターン前に見えたそれっぽいバス停へ。
ここから晴海方面に乗って数寄屋橋への移動だ。


バス停は長くて300m間隔。
4駅分しか離れてないので1.5kmもないんなら1時間はかからない。
30分もすれば辿り着くだろう。
自販機もなく!見るものも言うほどなく!ランナーに好奇の目に晒されて待つくらいなら俺は行くよ!

ちなみに数寄屋橋は駅で言うと有楽町。
皇居の周りを進んで山手線やらが見えたら直進程度で着くだろうという適当な意識での特攻である。
どうせ曲がる場所間違えても東京駅には着くし。
ギッチギチに予定組むよりこのくらい緩い方がなんとかなるもんだよな。


だらだらとカート押しながら30分の移動ののち数寄屋橋へ到着。
飲み物が心許なくなったので付近のマツキヨで購入したりして暇な時間を過ごし、ビッグサイト行きのバスに乗車!
東京駅から出てるものっぽいが、東京駅から直通が出てるのでコミケ期間なのに異様に空いている。
9時まわってるからって理由もあるけど。

ゆっくりゆっくり10時にビッグサイトへ。
おかしい、こんなに早くに着く予定じゃなかった。
11時に入って13時に離脱して移動するつもりだったのに。
停留所は終点1つ前で降りた方が信号とか考えると楽らしい。勉強になる。
まだ列があったので10分ほど並んで入場したわけだが、10分でも首からどんどん攻められていく感覚。
日焼け止め塗ってこの痛さとは……。
帽子かぶってたからマシだったけど、無しで並んでる人は頭あちぃだろうなぁ。
サンダル参加者も結構いるんだが、反射熱を考えると靴のほうがいいと思うんだが……。
開場時間前よかマシだけど、それでも熱いし危険だろうに。
そういえば鞄の金具に当たって火傷って人あまり聞いたことがないな、すごく詰める場所なのに、そういう被害は無いのか。


滞在時間30分ほどで離脱しダイバーシティへ。
道中ふと視線外したらガンダム立ってて爆笑。



ガンダムって陸向いてるんじゃなかったんだな、初めて知った。
このダイバーシティへの移動すら暑くてきっついきつい。
そうそう行こうと思うこともないのでここぞとばかりにガンダーム!!!
燃えあがーるー♪ ……は、どう考えても湾岸の地面だよ……あちぃよ。
夏休みとかお台場イベントとか色々被って人は山のよう。


ガンダム撮るだけして一方通行の巡回バスで日本科学未来館へ。
日本科学未来館は向かうにも絶妙な位置なのでこれまで行かなかったんだが、一日乗車券があるなら離脱が楽なので今日いかない手はない!
なかったらゆりかもめ離脱になるのか。離脱できる気がしない。



自衛隊の展示に遭遇。
小規模だが呼び込みまくり、軍オタっぽい方も数人見られた。
天井にある球体を寝転んで見れるので、ソファに寝転ぶ家族も多々。
すごく……いいかんじに涼しい……です……。



人の多い自衛隊イベントと違ってそれなりに空いてるのでこういうのにも乗れたりする!
コインロッカーに気付かず荷物持って動いてたのであれもこれもとはいかなかったが。
車の前方に乗ってる子もいて、正直羨ましい。
そんな小学生みたいなお願いはできないので適当に離脱。

ここからは都バスで亀戸へ移動。サイト前で人が乗り込む乗り込む。
亀戸に着いたら南千住へ向かうわけだが、このルートの情報をメモるのを忘れたので車内のルート案内を見て東武浅草まで移動することにする。
到着は南口だったが乗り場は北口。
駅の下を通ると気になる建物が。



あれおかしいな足が勝手に。




店内は超広々!とは言わないが、店の広さとしてはかなりのもの。
そこに人一人が通れるくらいの間隔で棚を置いて多種多様な駄菓子を並べている。
ここまで揃えている店はそうそうないだろう。
もちろん串カステラ(小袋)とかそういう懐かしいのもある。
きなこ棒はあったかなぁ……。
安いもんはガチで安いけど、あんまり値引きされてないのもあるので見極め必須。



駄菓子屋といえば花火だよな。
危険物だから買って帰れないけど、花火したくなるなー。
バラ売りってのが卸し売りって感じで心引かれる。


もちろんこういうのもあるぞー!!
亀戸いいな!住みたい!童心に還りたい!!!
1kmだかそのくらい南下すれば前に行った砂町銀座商店街もあるし。
食が優遇された町だな。

この店普段見ないような味も見るんだけど、こんなの売ってたのかと驚きと感動。
地域限定とか、まとめ売りでしか見ないものとかが気軽に手に入るのがなんか嬉しいな。
こういう店が近所にあるといいなー。会社帰りとかに寄って帰るとかできたら楽しいんだろうな。20時くらいに閉まるんだろうけど。
店内撮影を快く許可していただきありがとうございます!!


ちなみに買ったのはこういう感じで。
粉ジュースが好きなんだわ。水入れずに食らうのが。

東武浅草に移動したらここで飯!
南千住のドヤエリアに言うほど店がないので、ここを逃すと晩飯が困る。
ちなみに亀戸から泪橋経由のルートがあるので今回ものすごい無駄してる。
入ったのはチェーン店のせんねんそば。
そば餃子がすげぇ気になってつい。



朝も昼もろくすっぽ食ってないのでガッツリいくぞー!
餃子は水餃子。そばと同じ鍋で湯がいてるのだろうか、そこまでは見てないが皮はぷりぷり、具はニラが目立つ。あと白菜かな?
にんにくたっぷりて書いてたけど、そんな言うほど入ってる感じがせず。ニラが強すぎた。
カツは机にあるソースをかけていただく。ここについては普通。
そばは生麺ということでこしがあるというのか、弾力がある。
汁は勿論関東風。しょうゆの味が強くてだしの味がしないよ……濃いよ……。
東西の違いを調べようとは思っていたが、ここまで違うのかってくらいだ。
全国チェーンのそば屋ってのはないんだっけか。うどんチェーンは統一されてるっぽいよなー。
そばが食いたい!と思ってのそば屋だったんだが、消化不良感半端無いので改めて食いに行こう、関西風を。

食い終わると小雨降ったりやんだりの中ホテルへうつり、1人駄菓子祭りをして前夜祭は終わったのだった。


明けて12日。


朝の9時に出て上野で乗り換えついでに飯!
上野駅開業130周年でパンダ祭りをしている。
具体的には飯屋にパンダ商品が増えているわけだ。
だがそんな店には目もくれず、豆狸さんでいなり寿司を購入。

他のどれにも誘惑されない固い意志を持とうと頑張っていったんだが、シレトコドーナツってとこのパンダが可愛くて可愛くてちょっとやばかった。
生菓子なので灼熱の地に行く人間が持ってていいもんじゃないので涙を飲んで諦める。
あのパンダの山は破壊力高い。


購入したいなり寿司。左からわさび、ノーマル、生姜だったかな。
どれもうまかった。
ここのはたまに食べたくなるんだよなぁ。
前食ったのいつだろ。2年前?

さて、東京駅まで移動して直行バスで東京ビッグサイトへ。
なのだがコミケ内での出来事はこれといって目立ったこともないので省きます。
友達と挨拶して買い物してお土産渡してお土産貰ってが俺のコミケ。
東西外通路マジ速攻ってことだけ覚えた。
ホイホイ通路はもう通ってられない。素晴らしき開放感。


コミケでの飯は初ケバブサンド。
ケバブは辛いのをなくして頼むこともできるので苦手な人は断るべしという話が友達からきたので俺もそれに倣って。


言うほど辛くなかった。

暑い中、10分程度の作り置きになるのだけど、特別な配合に変更したら作りたてになるかもしれない。
でも10分くらいはケータリングでは誤差なので気にしない!俺は気にしない!

16時まで湾岸にて遊んだ後東京駅へ移動。
乗ったバスの運転手がコミケ戦士だったり、楽しく語っていただいたりと印象深い帰路だった。
さて東京駅からやってきたのはこちら、


小学館ビル
最近噂のあれだ。
しかし東京駅から三田線遠すぎわろた……わろた。
しかも移動中に路線名が増えるマジック。
神保町のA8出口だったかな。すぐそこにエレベーターもあります。





曇りガラスへの落書きと、内部の柱や壁への落書き。著作権的にはアウトな写真でビクビクしながら上げる。
曇りガラスは所々透明ガラスの部分があって、見るだけならそこから見てもいい。
内部写真も撮るのは構わないが、壁にのぼるのはやめてくれとのことだ。
一番描かれている壁はガラスから左手なので撮影が角度的に上手いこといかない。
今度入場できるようにするらしいが、どの程度満足いく入場方法になるんだろうな。
絵自体も話題になってからさらに増えているようなので、月末にはどうなっているのやら。

神保町から地下鉄で移動すると外は大雨。
後は帰るだけなので問題ないんだが、銭湯まで微妙に距離があるんだよなぁ。
風呂入ったら着替えるし、鞄も濡れて困る荷物は入ってないけど雨具は持ってきてないので地味に困る。
それでも銭湯から出る頃には雨もあがり、気温も下がったので汗などの悩み少なく東京を発つことができたのだった。

まぁまたすぐ来るんだけどな。
なんだこの高頻度。


平成25年8月17日
食ってみた
食ってみたの非常食に「レスキューフーズのカレーライス」、クッキーに「ミドリムシクッキー」、市販品に「冷たいコーンポタージュ」を追加。

これでもまだいくらか食ってないっていうのがなんとも恐ろしい。
面白お菓子BOXを作って収納しておかんといかんな。
普通の日記は明日にでも。

レスキューフーズの項目がレスキューライスになってたのに今日気付いた。すまんかった。


平成25年8月16日
乗ってきた
高速バスにボーテ銚子-難波路線のレポ追加。

VIPさん以外はリクライニング倒しタイムが設定されてないので後ろの人に挨拶しなきゃいかんのだが、カーテンがつけられたおかげで声かけられないどころか関ることに躊躇する。
もういっそ全社リクライニングタイム設定すりゃいいのに。
後ろ気にして寝づらい3列より、フルで倒せる4列のほうが寝やすいのかもしれないなーと思った利用でした。
まぁ、4列だと足元きつすぎるわけだが。
鉄道会社のものを利用するとバス専門会社の拘りがわかり、バス専門会社を比較するとそれぞれの会社の意識もわかる。
移動手段の比較ってのはこういうところが楽しいが、利用者としては安定して眠れるものを使いたいわな。

さらにここから行ってきた食ってきたと続くと思ってください。
出かけた後は関連更新ばっかだな。
今年の夏は暑すぎて、パソコンつけるのが億劫である。


平成25年8月14日
泊まってきた
暑い&今回あんま寝れなかったので仮眠に時間取ったのもあり今日の更新は一箇所のみ。

約4年ぶりのホテルヒカリレポ。
旧版も一応置いておきます。
旧版、冷静に見たら鞄のサイズから大体の幅わかるはずなんだよなぁ。全然意識してなかった。

ちょっと今回と前回のに追記しつつの作業になるのでゆっくりいきます。
追加した箇所については報告入れるつもり。


平成25年8月10日
倍率10↑

抽選落ちた!!

……というか、前回が運がよすぎただけだ。
初応募で青少年券だと優遇度があがるのかな。
青少年券だけでも上がるみたいだけど、いろんな若い人に見せたいだろうし初優遇は多分あるよな。
なので今回からは優遇度ダウンしたんだろう。
ってことにしたら外れた悔しさを減らせる気がした。

って、俺松吉んちいくのは初めてかもしれん。
こういう時に何持って行けばいいのかわからないんだがあれか、ポップコーンか。ポップコーンとコーラか。
食いそうにねぇなぁ。


平成25年8月5日
飛行兵と俺
飛行兵がクッッッッッッッソ苦手なんスよ。

あ、ラピュタの話です。

初めてラピュタを見たのは10歳になってるかどうかも怪しい頃だったんじゃないだろうか。
少年と少女の大冒険、良い大人と悪い大人、正義と悪、進みすぎた古代文明。
様々なロマンを今ならば言葉にできるが、当時は純粋に面白いってだけで見ていた。
同時に、言葉に出来ない恐怖を覚えて一体何故なのか説明すらできなかった。
それが今回ようやくわかった気がした。

とにかく飛行兵が怖いんですよ。

三鷹ジブリの森とか行けるわけねーだろksがってくらいにあいつが怖いわけだ。
そりゃもう、ラピュタが放送されるごとに目を逸らすくらいに。

なんで怖いのかって冷静に考えると、ホラーとして怖いってのがわかった。
何がホラーかというと、封印解いた時に動きだす最初のやつ。
片腕取れて死体のようなもんなのに不意に動きだし、四足で走り不気味に飛び壁をよじ登る。
この描写がだめなんじゃねーかなと。
壁にビターンってなるところとかヒッてなるし、起き上がる時点で絶対テレビ見てないからな。
同じ理由で管から射出される描写も死体が目を見開いてるっぽくてだめなようだ。
カオナシは生きてるのがわかるから怖くないんだが、飛行兵は“一旦死んでた”からこそ不気味に見えるのではないかと考えるとしっくりくる。
墓にあるやつも見るのつらいけど、花摘んでくるやつはまだ平気。ってところも死者との一線を引いてるからか。

人としての形と異なるからコミカルに見えてほとんどの人は大丈夫なんだろうな。
これがたとえば名古屋のナナちゃんとか、実写で役者さんが同じことしたらトラウマになる人続出するんじゃないか。
実写版ラピュタ(ホラー)、誰かやらねぇかな。