VNWもどき久人19歳 
ぴかぴかぴかりん☆(6/29) / TeMP a Hob(6/25) / 一種の拷問器具(6/22)
フラッシュが合図(6/20) / 呼び出しは校舎裏がセオリー(6/13)
ウィッ…ウィーン…ウィー…ウィー…ウィーィィィン(6/12) / The MUMMY(6/7) / 梅ゼリーへの認識(6/5)


平成24年6月29日
ぴかぴかぴかりん☆

(狸が反応する前に)手早く帰れ。


平成24年6月25日
TeMP a Hob

去年の春に放送されたドラマ、「Temp a Hob」を左メニューに追加。

今月13日の日記に出てきた例のあれなわけだが、動画サイトに飛ばさなくていいよってことなのでこちらで本文にぺたりした。
俺が出演してるわけじゃないので下の方へ。
メニューの一部に空白を作ったほうがいいかもしれんなこれ…。ごっちゃごちゃしてきた。


平成24年6月22日
一種の拷問器具

唯一の屋外絶叫という認識。
絶叫自体はいいんだが、高所すぎて乗れる気がしない。
同じ高所でも半室内だったらまだいけるかな、極力行きたくないけど。
室内アトラクションと違って、レールが切れるのが見えたり空が仰げたり風を感じたり地面が遠かったりするのは俺には無理です。
ビッグサンダーマウンテン?絶対嫌です。
タワーオブテラー?室内かどうかも知らないけどフリーフォールは無理。
偏りのある絶叫嫌いである。

ほぼ特撮と遊戯王しばりのカラオケに行ってみた。
特撮しばりだけでフリータイムを余裕で超えるわけだが。
初期遊戯王の曲がノリあんまりよくなかったりして歌いづらいなー。
最近のはほとんど勢いづくんだが……。
デュエルBGMにしやすい曲もっと増えろ。
そしてJAMが人数多すぎてどの音を取ればいいのかわからない…ズレる…。
覚えきれてないんだろうなぁ、悔しい。


平成24年6月20日
フラッシュが合図

ネタがないのでUSJの動画を掘り出し。
スパイダーマンのアトラクションにて。

何回か乗ると撮影箇所覚えちゃって一人不審者。
変な場所で壁見ながらピースサインするって羞恥すごいんだけど、皆やるよな。
……な!

空いてる時は5分で乗れるので写真売り場に三枚の自分が見れることがある。
だがそれをしようとするとクルーに顔を…いや、服を覚えられるリスクを負う。
リスクを負ってアホ顔するとか本当にアホである。


平成24年6月13日
呼び出しは校舎裏がセオリー
日曜の話



これだからリア充はすぐに外で遊ぶ計画を立ててワイワイする。
まったく、人の予定も考えず。うっぜ…松吉うっぜ…。
それに松吉あんま歌うまく……いや、なんでもねぇ。
俺に返ってくる発言だから言えない。

了承もしたので、公開されたらなんかします。

瀬川さんにも話いったようでブログに
いつきちゃんからステマ頼まれちゃったー\(*^▽^*)/
とかいう記事が。
言ってんじゃん!ステルスじゃねーじゃん!!


平成24年6月12日
ウィッ…ウィーン…ウィー…ウィー…ウィーィィィン

やってる番組にすぐ感化される系男子。

あまりに新しいネタが舞い込まなかったので少し前の動画を掘り起こす作業。

ウィーンといえばオーストリアだが、今日はオーストリアと日本のサッカーだ!
確か芝は国際基準だったと思うけど、アウェイだと戦況やプレイにどう変化がでるのか。
楽しみだけどスポーツ観戦は詳しくないので差がよくわからないガッカリさ。
そういえば、FIFA公式サッカーボールとかいうのも一時期話題になって販売されたなぁ。
今やってるのもFIFAだけど、平常時より需要は上がっているのだろうか。
ホームだろうがアウェイだろうが、今日だろうが一年後だろうが、いい試合を見れるなら何も変わらない。
燃えるような試合、楽しみにしてるぜ!!
※ 「試合」と書いて「バトル」と読む。

ところで前試合のヨルダンといえばロイヤルヨルダン航空で関空に来てなくて凄く見たい。
あそこのデザインかっこいいよなぁ…。


平成24年6月7日
The MUMMY

アメリカの片田舎に来ています。

嘘です。
USJに遊びに来ました。


これに来たかっただけなんすよ。
アヌビスさんとか、転生する時にお世話になったご縁で気になってたんだ。
来るのちょっと遅すぎたけど。
つーかアヌビスでかすぎんだろ。

ルートが2通りあって、どちらもホラー。
内容をバラすとアヌビスルートが骨でイムホテップルートがミイラだったな。
イムルートのほうが照明が暗く足元も見えないのに比べて、アヌルートは赤い照明で足元が見やすい。
なので見るだけ見てみたいけど怖いのやだーって人はアヌルートへ。
俺はアヌビス側で慣れてからイムホテップに移ったんだけど、正解だったと思う。
お化け屋敷とか、ジャパニーズホラーアトラクションほど凶悪なスタイルじゃないのでまぁ気楽。
足掴んだりとか…執拗に追いかけてきたりとか…ないじゃん…?
対人間の怖さはないので安心していいと思う。
触らぬ神に祟りなしだから、無理はしないのが一番だけども。

ちなみに6人ほどのチームで進むので単身特攻の恐怖はない。

ホラーって傾向だししょうがないんだけど、ミュージアムって名前なのにゆっくり見れないのは残念だなー。
凝ってるんだからじっくり見たいもんだが、歩かなきゃいかんから見てられん。
ホント勿体無いよなぁ。

期間限定だし魔物好きなら行ってみてくれ!って感じのアトラクション。
俺の感想だけで言うと楽しかった!
でも一人で歩いてって言われたらちょっと……嫌だ。

スペースファンタジーザライドの方がツボったとか言えない。

--------------------

携帯したいネッの23話。早く言えば最終話を追加しました。
前にUSJ行ったのってこれの撮影してる時だったよなと思い出して懐かしいというか悲しいというか。


平成24年6月5日
梅ゼリーへの認識

近藤くんが「携帯したいネッ!」でやってたコードさん。
近藤くんではなくコードさんに似ている。角が。
同じ考え方でいくとデビアスはタクに似て……松吉に殴られそうだなこれ。

コードさん出番あんまないからパッと出しても誰かわかんないのがいかん。

--------------------

携帯したいネッの18話から22話までを追加しました。
追加するのはたびたび行ってるんだが、日記書くことないと告知ができない。