VNWもどき久人19歳 
LCC(2/28) / 関空行ってきた(2/27) / もこみちすげぇよ(2/23)
後日談(2/19) / ハイパーモードチェンジer(2/18) / 俺に足りなかったもの(2/16) / 増殖(2/15)
ひゃっほー!!チョコ祭じゃー!(2/14) / 箱ドット(2/13) / 文字じゃわからないこと(2/11)
更新せぬまま日は進み(2/9) / 節分(2/3) / 急にカムバがきたので(2/2) / マブい戦士(2/1)


平成24年2月28日
LCC
2月も終わりだし、すぐに過去ログ行きとなる日記なら語ってもいいかなと思った。
後悔なんて、あるわけない!!


スカイチーム機にしっかり大韓航空の名前書いてたけどそこまで見てなかった…。
アシアナに国旗描いてるのも初めて知った。
でかい写真って必要だな…!

ところでチーム機ってチーム共有じゃないの?という疑問が出たので調べてみた。
会社名が入っていることから、各々の会社が購入しているらしい。
つまりANAにはスターアライアンス、JALにはワンワールドの機があるということだ。
調べたら画像が出てくるけどワンワールド機ダs…
LCC連合ができてもいいんじゃないかなと俺は思うんだ。
LCCが加入できないとかじゃなく、マイルが個別じゃないと損こくとか、加入することによって会社の手間増えるからなんだよなぁ。
日本に住んでて一番使いやすいんじゃないかなと読むのは…んー…ワンワールドかなぁ…。
スターアライアンスは社数多すぎて把握面倒だろうし。
加入数ダントツで今後も社数増えるのはスターアライアンスのほうだと思う。
中東系があんまりいない感じに見えるんだけどワンワールドのヨルダンがスレスレ成田にいたようなー、いないようなー。

昨日は時間が押してたので調べなかったえあぷさん。…ん?うん。エアプサン
エアプさんって誰だよ。
アシアナ系列のLCCということらしい。LCCってデザインいいところ多いよなぁ…。
もののついででLCCについて調べたら、日本国内では確実に本社より知名度のあるJET☆ことジェットスター。
…カンタス系列なんだ…。
※カンタスとは※ オーストラリアの赤背景にカンガルー。これを見れるのは成田くらい。

LCCはマークがLCC臭を放ってるところが結構あるんだけど、その中でもチェジュは成功してんなって思うよ。
あの笑顔の裏で貪欲に隙間突いて就航してきてるし。
大韓LCCが本気出して潰しにきたら敵わないんだろうけど、海外就航は大韓本機でいいやって雰囲気だし。来てはいるけど住み分けしてるあたり互いに取り決めあるんだろうな。
なんだかんだで大手と一緒の旅行会社とも契約してるのがでかい。ツアーとか見たら大体名前あるし。

ヨーロッパ系LCCは欧州エリアでぴょこぴょこするのが一番おいしいだろうから、あっちに行かなきゃ乗れないな。
短距離特化のLCCがこっちに来る意味は全くないからなー。

他国に行く利点のある欧州LCCに比べ、米国LCCは経営大変そうな想像。
バスや鉄道より早く行けるという利点はあるものの、国土がでかすぎる。
中距離だけで動くと採算がとれないし、長距離には向かない。
自分のエリアを設定して短距離飛行してるところはあるようだが、アメリカの州名をあまりわかってないので距離の程が把握できない…。
やるとなるとJETStarのような途中下車型になるのかな。
あとはエコノミーだけじゃないって売りを各社それぞれ出して生き残ってるって感じか。
日本の航空会社の行く末は、この国が一番近そう。go!とアロハの戦いとかさ。

カナダも同じような理由で厳しそう。というかあの国は国営で一点集中のほうがいいだろうなぁ。
国土が広いほどLCCは成功しない。つまりロシアもそういうことだろう。



・何故LCCは中・長距離が向かないの?
LCCってのは安い。安い乗り物ってのは席が8割埋まってやっと元が取れるような価格設定の場所ばかりだろう。
席数が少なければ少ないほど8割は埋まりやすい。
詰め込んでない普通の席数で考えての8割だから、詰めるところは全部埋まったら110%の利益になるんじゃないかな。
んでだ、少なければ少ないほど埋まりやすいということは、小さい機が楽ということ。
でも機体ってのは、小さければ燃料の容量が少なく、短い区間でしか飛べないわけだ。
日本でよく見るタイプとしてはA320系なんだけど、これの容量からして飛べるのは4時間ってところじゃないか。
4時間飛べるけど空港付近での上空待機や風向きによるちょっとしたズレなどを考えると3時間か3時間半の距離がスレスレ。
これはpeachやJET☆が台湾まで行くという点での予想ということなんだけども。
5時間以上の燃料を積むとなると、一回り大きい機体になる。
さらには燃料量が増えて国内飛行に使うには価格がガクッと上がるだろう。
短距離なら大手の3分の1で済む価格が、中距離になると3分の2まで上がる可能性がある。
そうなると、ちょっと足して大手を使ったほうがいい。という人がどっと増える。
所持量、飲食の制限があれば尚更、「飲み物でお金取られるくらいなら」という意識になる。
元を取るために価格を上げれば上げるほど客足が遠のき、下げれば下げるほど元を取れないリスクが生じる。
客が減れば勿論赤字となり中距離飛行の路線は消える。
しかもただ消えるんじゃなく、機体購入費・塗装費の赤字を丸かぶりで潰れるわけだ。
元々利率が低いのに大きな買い物の赤を埋めなければならないとなるのなら、中・長距離運行する意味が無いよな。


・中距離がダメなら短距離の乗り継ぎでいいんじゃ?
これがまた難しい話。
AからBに行く線と、BからCに行く線を就航させたとする。
A〜Bは満員御礼の人気区間だけどB〜Cは週に4日は8割埋まり、あとは5割弱の搭乗率。
ということになって、一週間でみると、110%×7100%×4+50%×3の埋まりとなる。
700%で元が取れて70%の利益がある線に比べ、もう片方は合わせても550%で150%の赤字
70%の黒字で150%の赤字を埋めようにもまだまだマイナスである。
このままでは共倒れ。倒れないようにするには50%の3日間を切るか、B〜C自体を無くすか。
前述のように、下手に価格を上げれば別会社に流れる可能性もあるので価格の変更は難しい。
これでA〜Bを本数増加させ、定員も増やせば賄えるのかもしれない。
実際それで他路線を賄っているのが大阪市営地下鉄御堂筋線だろう。他の市営地下の赤字を塗りつぶしているらしいし。
だがここは鉄道ではない。
単身使用できる道があるわけじゃないし施設利用料もかかる、燃油もバカにならないし、本数を増やしたところで人がそんなにも入るかという不安も出る。
確かに、週に数日の短距離乗り継ぎでもってる会社もあるよ、セブとか。
でもなぁ…日数を少なくするってことは、他の会社に流れる客もいるってことだから、利が100%だった日が90%になってるって可能性も大いにあるわけで。
40%の赤字を70%からなんとか出してやりくりしている状態な会社は多いと思うぞ。
人気の出る期間の黒字でなんとかやっていってる会社って、交通だけじゃなしに沢山あるからなぁ。
利が確実に出るところだけで動くのは賢いことだよ。


・牛丼屋とピザ屋に見る日本系と韓国系。
牛丼屋は、価格競争が激しい。
ピザ屋は、一定の価格にするように手を組んでいる。
牛丼屋=日本、ピザ屋=韓国だ。
日本の航空ならびに交通会社はあれよこれよと自分たちにできる最も安い方法を考えて客を奪い取りにかかっている。
回数券や、乗車率の少ない線のお得チケットや、一日乗車券やら早割りやら。低価格化やら。
大阪-東京ですら最低2300円(夜行補助席で500円とかいうのは省いて)、最高3万円という差がつくほど。
価格競争社会が故にJRやばいって聞くよな
こういうところの縮図が牛丼屋。
韓国の航空会社は(そもそも就航する空港が国内にあまりないというのもあるんだろうが)価格競争あんましてなさそうだなーって印象。
前述のLCC、ジン・プサン・チェジュの住み分けもそうだろうし。就航先は基本バラバラ。
プサンは釜山にしか行かないし、他に釜山に行くのは価格の上がる会社のみ。ジンは就航先が北海道(あと茨城?)ということでこちらには来ないし。
被るのはイースターくらいか?これからこっち来るけど詳細知らないんだよなここ。
チェジュは色々行くけど、大手と価格で差をつけることで客は離さない。
大手のアシアナ、大韓だって本数を持ってくることで客確保するし、日本各地に飛ばしてるからそっちの客を取ってこれる。
大韓にいたってはA380導入して長距離の方がメインっぽいしなぁ。巨大機ばっかりガッツリ持ってるし。あそこの資本凄いんだろうなー。
エアプサンとジンが“出資”ではなく“系列”なので赤があっても本家で埋めれるようだし。
だからそんなにギスギスする必要のない飛ばし方をしているんだろう。
こんな微妙に高い設定を維持しても利が取れるのがピザ屋。
日系会社がこのバランスを邪魔しなければいいんだが…。
国によって合っているスタイルが異なるのが、こういう比較でわかる。
日本がピザ形式にすると全部ぐだぐだになるんだろうよ。
ちなみにpeachはANA出資、JALがJET☆と組むらしいけれど、こちらは系列となるようだ。
ここでは、最初の金だけ出してやるから経営はなんとかしろよが出資、何かあったらおいちゃんが面倒見てやるからおいちゃんのこともたまに手伝ってなが系列。という分類にしている。



ああところで韓国についていきなり1つディスるけど、高速鉄道は特に早くなかった。
新幹線みたいなのができたのか!とワクワクしてたのに特急とどっこいかそれより遅いかで、がっかりした。
風景も山とトンネルと壁が7割以上で、街の風景もほぼなかったのであまり楽しめない鉄道だったな。
これから発展するのなら期待できるんだけど、山が線路に近いので発展もあまりなさそう。
トンネルと壁を撤去するわけにもいかないからなー。あれはあくまで移動手段だな。


ちなみに国内航空会社のスターフライヤー、大阪への就航時からずっと見てるわけだが、あそこは革張りシートでいかにもそれっぽく見えるけどLCCじゃない。
安いっちゃー、まぁ、安いけど。そこまでじゃないんだよな。
設備が良い、カッコイイ、こだわりある、COOLってことで就航当時は一部で話題になったもんだ。
俺の中では今でも衰えないけどな。
黒基調会社ってかっこいいよなぁ…ヨルダンも黒なんだよ…UPSとか。惚れるよな…。


平成24年2月27日
関空行ってきた
タオル地と布地を交互に張り合わせたタオルの価値を真剣に考える。どうも、久人です!
ギフトで貰った物が事務所にあるけど正直使いづらい。
表手ぬぐい、裏タオル。ならまだわかるんだが…。
さて、今日の日記は長くて写真の多いいつもの空港日記ですので耐え切れない人はスルーしてくれ。
peachの話だけ気になる人は最後にあります。


まずはバスで関空へ。
バスの料金を払う際に展望やアウトレットへの乗り継ぎを申告したら割引チケットもらえるとのことで、貰ってみた。
下の乗車証明書をKANKUCLUB…というか国内線インフォメーションに持っていけばいいらしい。

明度変えたから手が真っ白…

線入れて消したけど、会社とか車名とかでぶっちゃけバレるなこれ
いいんだよ!バレたところでなんら問題ないんだから!!
なんで同じ会社なのに往復千円の区間と往復割引なしの区間があるんだろうなぁ。なし区間の高速も好きなんだけど。
高速の価格がそこまで変わるとも思わないのに不思議なもんだ。

そして乗車証明書を交換してきました。


展望ホール行き、りんくうアウトレット行きのバスに一日乗り放題券、航空アイテム屋・りんくうアウトレットでの割引券。あとバス時刻表。
この割引券は当日限定ではなく、今回は4/30まで使用できるものだった。
そいや、りんくうタウン行きって乗ったことないかもしれん
だって…用事…ないし…。

到着してすぐエアロプラザのローソンに向かったけど、けいおんのクリスマスBOXがまだ売っててなぁ…
なんでこんな持ち帰りづらい場所で入荷しちゃったんだよ……。
本社の意向にしてもさ、あのサイズをここから飛行機だろうが車だろうが持って帰るのはさ、きついじゃん…?


海南もアエロもいねぇよ…。


本日は第二滑走路寄りのエリアから。
前回ヨーロッパ勢がこっちだから見れねぇんだよって言ってたとこな。
7機ほどの待機場と、奥の方に貨物の詰め込み場所が見える。
ここを見るならターミナル4Fを出て左、歩けるところの端まで行けば全部見れるぞ!
逆の方は全然見れないんだけどな!!(涙目)

1階へ移動してバスに乗車。


前回は撮れなかったピーチの待機が見れる。しかも二機。
これまでは平日が試験飛行で土日は確認できるようだったが、今後は就航しちまうし、もうここからは見れないだろうな。
前回もここでボーっとしてたな、あの機。
ところで左手に見える機が、一日ずっとあそこで待機してたんだけども…どこの機かわかんないんだよなぁ。
尾翼一覧にもそれっぽいのいないし、謎が謎のまま終わった。


本日一番手の写真相手はエア香港さん。
貨物便のみで尾翼が真黄色。


10時をまわったあたりで一旦展望ホールからターミナルへ帰る。
裏に配置された奴らの確認だ。
この際に展望から見えない位置に金ANAを発見したが撮り逃した。
半年ほど前に来た際、同じ場所で見たのになんたる不覚…ッ。


前回撮り忘れたアメリカ系航空会社、ユナイテッド航空。
会社名はユナイテッドだが、マークはコンチネンタルだよなぁ…。
合併というか取り込まれというかでユナイテッド統一になったのは最近の話だが、塗りなおしってしないもんなのか。
これはこれで好きだけども。
ユナイのマークは後述。


定番のラッシュタイム。
今日は前回とは風向きが真逆なので離着方向も逆(※)となる。
つまり何かっていうと、着陸に第二滑走路が使えない。(※2)
なぜならば、第二滑走路は迂回することができない一方通行だからだ。
なのでほぼ使われることはないかと思っていたんだが、ルフトさんがあちらから飛んでいった。


飛行機は風の力で離陸するため、飛んでいく方向は風に向かってとなる。
浮き方は地面に接地した紙ゴミが飛ばされていく様子を見ていればわかるかもしれないが、下に入る風に持ち上げてもらうからだ。
勿論、平べったい紙とは違って風を受ける面積にムラがあるし、上から強い力で押さえつけられると飛べない。
だから風の力を機体の上と下で変化させて、下に強い風が当たるようにしている。

※2
第二滑走路は前述のとおり、迂回することができない。
南のほうはできるけど、北の方は幅が足りないんで、少なくとも迂回してるのを見たことない。
そうなると、南に着陸して北に移動しても帰ってこれないわけだ。
なら北から着陸すればいいじゃん、という人もいるかもしれないが
北からの、地面に叩きつけるような強い風に乗りながら着陸しようとする=スピードが上がって機体が頭から叩きつけられる
ということで無理なのである。
なんか拡張してる感があるので夏くらいにはひょっとしたら第二滑走路で離着両方できるようになるかもな。

あんな重いものが持ち上がるわけないじゃん!!っという人は高速道路で風に煽られて浮きかける車体を体験すればいい…ぞ…。
生きた心地がしなかった…。
速さというのは力の強さと比例するので、速ければ速いほど重いものを持ち上げる。
これについては水の勢いが強ければ強いほど痛かったり鋭かったりマンホール持ち上げたりするのと一緒なんで想像は容易いんじゃないかな?

言うだけ言っといてあれだけど、俺あの機体の形の意味くらいしか知らないで書いてるから。


飛びエール。
ヨーロッパ勢は憧れが強くてついつい撮ってしまう。
ちなみに今日はフィンさんお休み。

エールフランスは見れる気はあまりしてなかった。何故なら今日は


こんなものに参加するからだ!
朝10時の受付開始とともに申し込みした大人気ない一番!
エールフランスはこれの集合時間と離陸時間が丸被りしてるんだ…。

このツアーは関空内をバスでぐるっと見てまわれるもので、一回行ってみたかったんだよな〜。
てーことで、出発!


結構?大分?近いところから飛行機を見れる。
ちなみにここは国内貨物倉庫。警備員がいたり有刺鉄線があったりでツアー参加者と関係者しか入れない。
タイミングによっては止まってるのを眺めるだけとなるが…時間もよくインディアが目の前を横切る様を見ることができた。
エアーインディアさんは柔らかくて優しそうな塗装なのがいいよなー。
滅多に見れない状況らしいが、スケジュール把握してたら多分大体見れる。


一般入場禁止エリアへ。
セキュリティゲート。勢いで突っ込んだところでポールによって車が大破してしまうような造り。
それだけ警戒しっかりしてるってことだな。


進んですぐに郵便局。
ポストもあったんだけど、必要なのか…と思うような場所。
だってほら、ターミナル内にもポストあるし…。利用者限定されるし…。コンビニ集荷でもいいじゃん、ローソンあるみたいだったしさ!


ケータリング工場と貨物の仕分け区域を抜けると、貨物積み込みの様子を見せてくれる。
このFedExの向こう側と、真後ろ、そしてさらに左ぃぃぃーのほうにpeachが止まってた。
3機目が来たのってここ最近のことだから、全部見れるとか地味にすごいことだぞこれ!!
だって左端って朝いなかったし!(階段車だけ置かれていたのを、最初の方の写真で確認することができる)

FedExは車を見かける人も多いと思うけど、よっぽどのことがないと関わらない会社……って認識だったけど、キンコーズが買収されたことにより一部の人には見慣れた名前になってしまったようだ。
うっかり調べるまで提携と思ってたし、キンコーズも国内企業だと思ってたけど…いやー、全然違った。
ちなみに同じキンコーズでも、中国地方以西のキンコーズは子会社経営ではなく別会社なのでFedExになっていないとのこと。
Exは勿論Express。そしてFedはFederal(連合)という意味だそうだ。
そんなことよりも創始者が元米国海兵さんだったことのほうが驚きである。
wiki見たら買収っぷりがすげー……。


管理区域内にはコンビニは二つ。前述したローソンとこちらのファミマ。
このファミマ、建坪は16坪(駐車場が広めの店舗より狭いくらい)もなさそうに見えたんだがシャワーが3基あるらしい。
一体店内はどれくらいの広さなのか興味があるけど降りれないので入れない。
うーん。気になる。

さぁ、この後、島の端まで移動してUターン
プラン内容に書いてる「北進入灯付近」には寄りませんでした。
頭上を飛ぶ航空機が間近で見れる!らしいけど、上空来る頃には小さくなってるだろうしなぁ。


ターミナルに戻って。いやー、うっかり16時中盤に来ちゃってさー、中東系の着陸見逃してさぁ。
でも方向からして写真撮るには遠いから、ま、いっかなー。なんて、うん。

この空港こんな散歩スペースあったんだなー。
でもここに行くまでの通路が工事中っぽいんだよなぁ。
しかも北の端とか、ここまで来る人自体あまりいないだろうに。
あと、もうちょっとなんかこう…なんかこうあっただろー!!!!
そもそも進入していいのか?それすらもわからない。
…5月には工事終わってるといいなぁ。


エアアジア。
「他にないだろ!いいデザインだろ!」ってデザイン者がドヤ顔してるのが見て取れるけど、俺は好きです。
マレーシアのLCCでクアランプールに飛んでいるらしい。
俺には縁はなさそうだな……。

後ろに居る三角っぽいのがデルタ、ニコッとしてるのがチェジュだ。
いつ見てもデルタの頭突っ込んでる様子がツッコミ待ちにしか見えない。


ユナイテッド、カタール、アシアナ、スカイチーム、金ANA、エミレーツと、なんかすごい並びになってる一枚。(見切れたジェットスターとエミレーツ後ろにJALが見えるが、そこはまぁいいや)
大きめの画像で用意したから、クリックして見てみて欲しい。
大きすぎるかもしれないけど、そんだけこの並びって凄いんだよ!

何が凄いって、スカイチームと金ANA!
スカイチームってのは航空会社の提携しているグループ。つまりここには本来“出発地の国の会社の飛行機”が入るはずなんだよ。
前回を参考にした感じでは、大韓航空がここにきてるはず。
どういう理由でグループ会社の航空機が来るのかはわからない。

さらに言うなれば、金ANAは基本的に1日に2回見ることはほぼない。
というかツアーの案内さん曰く、金ANAは居ない日の方が多い(多分土日しか来ないんだろうなぁ)ので、見れること自体がラッキー。
まぁその案内さんがあまり施設とか機とか見てないんじゃないかなってのはあるんだけど。
確か金は中国の方に飛んでくやつなので、そんなすぐに帰ってくるんだ?!という感覚が強いな。

つーか、金ってメイン空港は中部だったと思うんだけど。イメージ的に。


エアプサン。
韓国系で一番好きな塗装だ。
大韓はダサい。アシアナはいい色だけど普通すぎ。チェジュは個人的に好かない。プサンはおしゃれ。
古い会社っぽくはないんだけど、機体がちょっと古く感じるのは…なんだろうなぁ。白基調だからかなぁ。
大会社2社+LCC1社の居る中に飛び込んできてるのは凄いなぁと。規模知らないけども。

韓国系といえば、チェジュ航空がソラシドエアと似てるよな
ニコッと顔を描いた単色系で。ソラシド見たことなかったから模型見て「えっ」ってなった。


前回闇に溶けてお蔵入りとなったハワイアン。
ここは機内もハワイハワイしているということで一部のハワイアンには大人気。
俺の中では最近うっかり滑走路に出てきちゃって到着のデルタだったかが慌てて逃げたことが記憶に新しいです。
上空の乗客は大変だっただろうけど、人間だしミスくらいあるよな。


エア香港が到着。先にも書いたが真黄色。
飛びじゃわからないポイントなので二度載せた。


前回ぼやけてたトルコさん。
トルコさんは配色の問題からか、この位置にくるまでは今回もぼやっぼやで……綺麗に撮れて一安心。
去年の旅博でピンバッジもらって、鞄に装着してからというもののトルコさんに心奪われてならない。
ヨーグルト食えないんでトルコ旅行はできないんですけどね…。

金ANA?まだいるよ、ハワイアンさんが隠しちゃってるけど!


飛んでいくカタール航空。
これに乗れたらいいんだが、国内移動に客増員はできないらしく…パスポート使うもんなぁ…。
そうそう、カタールといえば


腹に見えるかな?
QATARの文字が書かれていて、わかりやすく尚且つかっこいい!
もし見に来る人がいたら、是非この腹部は見ていただきたい。
翼の下にナンバー振ってる会社は数あれど、腹部に文字入れしてる会社は少ないんだよー。



ところで今回何故関空にいったかというと、関空にてpeachのイベントをしているということだったからだ。
なんか今月だけだったし、土曜は雨だったんで日曜しかなかった。


受付もパシャリ。
peachは他の会社と違い、受付が日航ホテルに存在するのがポイントであり注意点。
そしてもうすぐ運航開始だというのに後ろのボードが完成してなかったのもポイント。


展望ホールの喫茶店が前回のKLMからpeachにカラーチェンジ!
美女時計がフライトスタートまでをカウントしてくれるが、時々男が映って「あれっ?」となる。
ご本人が11時くらいに居た気もするが、心境はいかがなのだろうか?

このイベントに何故来たのか。それはたった一文の言葉が俺を呼んだからである。
機体で実際に使う座席に試乗できます。
よし行こう。

実際に座った感想は…そうだなぁ。
革張りだけど、固すぎるわけではなく、校長室のソファほどの柔らかさなわけでもない。
2000円くらいの、よくあるデスクチェアより柔らかい…かな?くらいで
背もたれの長さは座高で85cmかそのくらい。
幅は45cmで肘掛は…イベント写真では座席を分断するタイプだったが座ったのは下に空間のできるタイプだった。
分けるタイプだったら幅は狭くなるだろうし、分けないタイプだったら隣の人が太かったら嫌な感じかもなー。
座面は奥行き40cm。これにプラス背もたれ幅6cm。
そして座席間隔が66cmということなので、椅子に座りながら想像してくれればどんなものかはわかるだろう。
リクライニングは110度。だが座席の狭さを見た限り動かせないので意味がない。
でも倒さないとちょっと苦しいんだよなぁ…。
さらに机もちゃんとついていて、結構でかい!20cmはある。それにさらに前の椅子との間にできる空間をプラス。
これをこの幅で出すのか…と思うとちょっと厳しいな。
肘掛にはリクライニングのボタンしかなく、本や音楽プレイヤー、ゲームを持っていくこと。
持っていかずに乗るのは多分耐えられない。

つーか、え?これで台湾行くの?
韓国(1時間半)ならまだしも、台湾(3時間)行く気なの?
って装備だった。
エコノミー症候群的にも、台湾はやめとこうよpeachさん…。桃で桃園に着くとかネタとしてはおいしいけどさ……。

peachは嫌いじゃない。寧ろ好きだ。
だけど現実見るときついよ、キツいんだよ。

といった感じでした。
3/1スタートなので、もうすぐ実際乗った人の感想が出てくるだろうな。
その前にせっかくなので書かせてもらった。というところで今日の日記はおしまい。

VNW久人19歳はPeachAviationを応援しています。
度々出てくる「前回」ってのは去年のクリスマスの日記をどうぞ!


平成24年2月23日
もこみちすげぇよ
どうもー!四方八方をナメクジに包囲される夢を見て発狂するかと思いました!久人です!
いつの間にか服に付いて室内のいずこかに潜むあの生態は本気の恐怖を植えつける。
一体につき10倍ほどの塩を盛ってたあたり、俺疲れてんのかな?って思います。

さてはて、あれを見たんですよ、あれ。
一部で大人気、『MOCO’Sキッチン』。
名前を初めて見てから半年以上経ってんすけど、ネットで…つーか公式で見れたんで。
あれは、あれっすね、ギャグっすね。
真面目な笑いってあんな感じなんすかね。
これでも俺が見たあたりではかなり落ち着いたほうで、最初の方はやばかったと聞いてます。
でも今は、正体不明の野菜も使ってないし、リクエストには応えるし、追いオリーブくらいしかしてないし。
もっと暴れてくれよ!!

うん、いたって真面目に料理してるのはわかるんだ。
でも、料理が終了して食べるぞー!って時にオリーブオイルをひょいっとかけられるとビックリして笑っちゃったわけで。
オリーブオイルは生がいいとか、後掛けするほうが匂い際立って良いとか、呑むなら手を加えないほうがいいとか、わかるんだよ。
わかるんだけど、サラダとかそういうんじゃなく、炒めとかでもなく、パイ包み完成してパイ崩したところで突っ込むとか流石に予想できねェよ
いや、向こうじゃ当たり前とか、俺の発想力が至ってないってのは充分理解している。理解したうえで「そこで?!」ってなっちゃっただけなんだが。

オリーブオイルの猛攻はよく知らないから、あまり言うことはできないんだけども
次点で凄いのは調味料。
ファッサー。マジファッサー
それ一つまみか?塩分大丈夫か?ってくらい躊躇い無くファッサー。
1ファッサーで小さじ1くらいある。ちょっとびびる。そして心配になる。
でもあの勢いは無くして欲しくない。素晴らしいファサっぷり。
結構な高度からファサるのは塩だけでいいだろオイ!俺冒頭の夢ですらあんなファサりかたしなかったよ!!ってツッコミたくなるようなファサっぷりで……
これ何の番組だっけ?

5回だけ見た俺の感想は、だ。
もこみちキノコ好きすぎ。
もう、色んな種類のキノコをこれでもかとばかりに毎日手を変え品を変え突っ込んできて、オリーブオイルは四天王でも最弱だったんじゃないかとすら…。
キノコ嫌いは入る隙がない番組MOCO’Sキッチン。

そういえばこのMOCO’Sキッチン、DVD出るんだよDVD。
5話(1話3品)収録+50分の特典映像付きで3000円!
いやー、お得だなー!!!
計で1時間40分の収録内容だけどお得だなー!!!
もっと安くなるだろそれェェェーーーー!!!!!!!
高いのはアニメDVDだけじゃなかった、日本高いのはアニメDVDだけじゃなかった!!
特典なし本編のみで1200円無理っすか?無理ッスか?!
速水ィィィィーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!orz


追記
>正体不明の野菜も使ってないし
って書いたけど今日の放送は中々に…中々にもこみち節を荒げる材料だった。
一般家庭にタイ米がそもっそも無ェよォ!!!!


平成24年2月19日
後日談

いやいや知らんがな。

世の売れてるアイドルさんはそんなスタッフに媚を売りまくってるもんなんすか?もんなんすか…。
俺にはとても難しい…。

ところで同時に「お前ってどんな服持ってんの?」って訊かれたんだけど
女装は趣味じゃないから!仕事だから!
女服なんて持ってねぇよ!!!


平成24年2月18日
ハイパーモードチェンジer

いつもの人がいつもどおり変なことを言い出した。


ガチで一瞬把握で終わりそうとか思うんだけどあの子。
一体俺らはどういう意識で彼を見てるんだ。
わかるのは…確実に、俺たちよりできた子だということで…。
俺たちとは…年齢とは…なんだったのか。



ハハハそんなまさかー
とか言えない相手であると俺は思いそして下手うつと同時に俺も半殺しされ、それを横の繋がりによって末代まで永遠に語り継がれる(肉親によって)という流れが容易に思い浮かぶ恐ろしい家庭である。
うちも似たようなもんだが。
俺たちはただ平穏にバカやりたいだけなのにッ!!


※ 更新報告 ※
写真を一枚追加しました。追加したの昨日だけど。


平成24年2月16日
俺に足りなかったもの
件名:久人へ

またメール…ってことはまた添付?

本文:物足りないだろうから追加しといた

   

   

もう箱ドットである必要が全くねえよ!!!
暇なのか貴様は!!!


平成24年2月15日
増殖
件名:久人へ

ん?メール?

本文:増えました

     

なwwwwwんwwwwwでwwwwwwwwwwwww


平成24年2月14日
ひゃっほー!!チョコ祭じゃー!



ま た 貴 様 か ! ! !
前のバレンタインについて


こういうパッケージのを男が買うのはかなり勇気がいるんだが、店頭で買ったのか…?
いやでも最近は通販もあるし……。
それに、わざわざ一度開封したのか?
わけがわからん。

そして、今日のことについて電話をした。

「今日のために女性陣に協力を仰ぎ、事務所に住所使用の許可も取った!!」

なんて無駄な労力を!!!


 ※ 写真ページにSt.チョコレィトデイズを追加しました。


平成24年2月13日
箱ドット
メッセに入るのも久々だなぁ。最近あんま入ってないからなー。

ピコーン

箕甘:俺俺wwww

久人:もっす。どったん?

箕甘:お前のwww箱ドットできたwwww俺天才wwww

箕甘さんがファイルを共有しようとしています。許可しますか?

「はい」っと。

受信が完了しました。

   

久人:ちょwなにこれw

箕甘:なんかwwwwはやってたからwwwww

久人:なんで自分じゃないの?w

箕甘:なんとなくwwwww

久人:あと草やめろw

箕甘:うん。

久人:え?これもらっていいの?

箕甘:おう。好きに使え

久人:あいよ、ありがとー

箕甘:どいたまー


ということでこんなんGETしました。


平成24年2月11日
文字じゃわからないこと
5年来の友人とボイスチャットをした。
彼と声で話すのは初めてだ。
彼は、会話の途中でふいに切り出した。
「自分は失声症だった」と。

彼は、交流が好きで、チャットでは周りの人を笑わせることを楽しんでいた。
歌うのも好きだけど、最近カラオケ行ってない。と言っていた時もあった。
「俺リアルじゃ無口だぜwwww」とちゃらけていた。
どんな気持ちだったんだろう。
俺たちが返した言葉に、何を思ったのだろう。
なんて、今考えても仕方ないことか。

原因はストレスらしい。
元来喋ることが大好きだった彼は、その日も普通に会話をしていたんだ。
でもそこで、唐突に投げられる言葉。「うるさい」
それを皮切りに始まる、嘲笑を含んだ否定。
性格も声質も行動も、全部持ち出されたそうだ。
以前も、大声を注意されることは多々あった。相手は違うけれど。
その注意とか、そういうのが全部ぶり返した。声を出すことを良くないとされた空気が、記憶が、全部蘇った。
つらいこと飲み込んで、謝って、その日を過ごした。
問題が起きたのは、翌日。
朝、挨拶をしようとして気付いたこと。 喋れない 。

言葉は脳にしっかりあるのに、咽に情報がいかない、口が動かない。
喋りたいのに音の出し方がわからない、声帯が反応しない。
そこにあるのは絶望だった。

言いたいことは沢山ある。
言葉が頭を駆け巡る。
伝えたい、なのに。喋りたい、なのに。
発散できない単語たちは頭の中をどんどんと占めていって、ごちゃごちゃになる。
だから文字の世界に逃げた。
自分の言いたいことを伝えることのできる、ネットの世界に。
それでも、喋らざるを得ないときや、家の空気を感じると声を出せないことにもどかしさを感じていた。
どうして、どこがおかしくなったのかわからない。
これまでどうやって喋っていたのかわからない。
あんなにも歌いなれた歌すら、歌えない。音も出ない。
泣こうにも、泣くための音すら咽の奥で止まっている。
いつ発狂するのか、このまま耐えることができるか。
全部に押しつぶされそうになりながら毎日が過ぎていく。

今は治ったけれど、また同じことが起こるかもしれない。
あの状態がまたくるのかと思うと、不安で不安でしかたない。
次、もっと酷くなったら?
またかと罵倒されたら?
うなされることがある。最悪の悪夢として。
あの日々は確かに地獄だった。


そう、彼は言った。
確かな、彼の声で。彼の言葉で。
不安の付きまとう喜びというのは、どう扱えばいいのだろうか。

「折角だからネタにしてくれよ」とは言われたものの、笑い話にはできないな。



あまり、遠い話の症状じゃないらしい。
いつも賑やかなのに唐突に喋ることがなくなった人がいたなら、怒っていることや無口になっているというだけで考えず、声が出ないということも考慮してみよう。ってことだな…。
無理に話を振って喋らせようとするのは、かえってストレスを増やすことにだってなる。
触れることが善となるのか、触れないことが善となるのか。
ネットじゃわからない苦痛、“次”に手を差し伸べることはできるだろうか。


平成24年2月9日
更新せぬまま日は進み
嘘ついたまま時間が過ぎすぎてやばい。
そうそう記事にできるイベントがあると思うなよ!!欲しい!!!
かといって1月なみになると日記分けたりするのが大変なんだけどな。ある種、嬉しい悲鳴ってやつだ。

本日は「携帯したいネッ!」の6〜11話を公開!
ちょっと間、有りモノの公開による更新になりそうだ。
申し訳ない。
更新したいんだが、俺の仕事だけど仕事じゃない仕事つまり事務所作業が立て込んでいるんでてんやわんや。
年度いっぱい詰めてるらしいが、その詰めの中に俺の芸能仕事も入れてくれよ!ってくらい。
芸能活動は閑古鳥ー!!orz
事務所ですること多いと売り込みも行けないじゃん!ますます仕事こなくなるッ!!


平成24年2月3日
節分

黙れ厚かましい!!!!!

と、今日は節分、旧正月への節目だ。
もう既に年明けてから一ヶ月とか、恐ろしいもんだ。


そういえば節分ってのは元々、警察や刑務所の催しごとだった。
旧正月の頃だし、時代的に警察とは言わなかったみたいだけど。

年末年始になまはげの来る地域があるだろ?
それと似たようなイベントで鬼ってようは神様なんだけど、刑務所にいる人らの悪いところ剥いで改心させるのが鬼の役目で。

でもやっぱそういうので罪許せるわけ無いから、刑務所は豆…っていうか鉄砲でその神、もとい代行者を追い払ってた。
追い払った後、罪人に刑渡すわけだけど、それが恵方巻の元で。
筒を口に突っ込んでそこから鉄流し込む極刑らしい。
極刑の罪を新年に持ち越すのは縁起が悪いってんで、その年の極刑該当者全員年末に一斉処刑。
筒突っ込んでる間喋れないし神様に祈っとけって話。
まぁ、その神様入り口で追い返されてるんだけど。
柊飾るのは、柊は神様が居る証だから「ここはこなくて平気ですよー」って意思表示。
イワシの頭は神様もてなした証拠だそうだ。
撃つことがもてなしってのはどういうことなのかね。

今の節分に移行したのは、人間誰も後ろ暗いことがあるからだろう。
鉄砲がなんで豆になったって、豆鉄砲を洒落でかけただけ。
豆を食べるようになったのは鉄を飲むのと鉄砲玉を飲むのと混ぜ込んで話ごっちゃになってるから。
豆を食べることで刑が執行されて、身も心も綺麗になったって思いたいのかもしれないな。

こうやって、自分の悪いことを正当化してしまう罪深い儀式だったってわけだ。
それを知っていながら、意気揚々、嬉々してこの行事に参加するというのは気分がよろしくないな。
つらいなら嘘なんてつかなければいい。騙さなければいい。
まったく、俺だってこんな話聞きたくなかった。
……こんな話……









       *      *
    *     +  うそです
       n ∧_∧ n
   + (ヨ(* ´∀`)E)
        Y     Y    *


平成24年2月2日
急にカムバがきたので
ヅラを修正しにいってきた。


この、アコライトスタイルを様々な材料+大金を積んでシーフスタイルにしてもらい。


きゃー!色が違うわー!!
なんて染色屋に滑り込んで


サイトの動画と同じものに加工しました。

つや髪めんどい。
つや髪まじめんどくさい。
もうほんと、なめしのつや髪みやびのつや髪こんこごめのこ生紙口八丁手八丁八丁堀においでなさりまする駿河のするめすり売り瓜売りに瓜二つの売り子子繰り出して栗九括り
……最近舌が回らなくってつらい。


そいやヅラる前に心臓売っぱらった分補充しに氷行ってみたんだけど


うおおおおおおおおおお!!!いつからNPCが敵に回復魔法をかけるようにいいいいい!!!


って……

……重なってたよね、マスキッパ。


平成24年2月1日
マブい戦士
珠姉が沖縄行った土産をくれた


キャーマブヤーサンカッコイー!!
※マブヤーは後ろにいるほうです


裏面はキャラ紹介でしっかり推してる!!


「ここを切り取ったら君はどうなる?」
「…死にます」
「死ぬ様なことを…!」

切り取り位置に悪意を感じるのは置いておいて。

中の個放送は表と同じ、映画やってるからそれの仕様っぽかったな。
他にも黒糖の商品もあったんだけど、それは敵推しなのか袋それぞれに敵の名前と写真がある。
カードも一枚ついてきて、俺のは…うん…普通。
映画が明後日までで見に行けなさそうなのが残念。

マブヤーはスタッフが本気すぎて普通にカッコイイからいいよなー。
スーツのモデルもしっかり地域になぞらえてるし。
しかし何故スーツスタイルはライダーなのに顔のつくりは戦隊なのか。それでバランスとれてるってすげぇ……。